ベストな体重58kgに落とすには

体重が63kgになり,人生60年の間で最重量になりました。

自分では身長162cmから考えてベストな体重が58kgだと勝手に設定しているので,5kgオーバーという事になります。

成人してからの最軽量は47kgで,仕事のストレスで胃を悪くしていた時期であり食べる量が減った事が原因だったのではと思います。

今思えばここ10年程は殆ど運動らしい事はしていないのですが,体重が増えだしたのはここ2,3年で食べる量は変わらなくてもやはり基礎代謝が落ちているのでしょう。

そこでダイエットという話になるのですが外を黙々と歩いたりとかは続く気がしないので,やはり食べる量を減らす事が一番と考えます。

特に夕食後に食べている甘い物がカロリーオーバーの原因でしょう。ストレス解消に役立ちますが我慢します。

でもそれだけではダメでしょう。そこで出した結論はランニングを再開する事です。

昔はホノルルマラソンに出た事もあり,日常生活の中にランニングがありました。

食べる楽しみは継続したいので,運動消費作戦に決めました!善玉菌を増やしたい方はこちらへ

いちご狩りで勉強になったこと

今までは、いちご狩りといえば、時間制限ありで食べ放題にばかり行っていたのですが、今回初めて食べ放題じゃないいちご狩りに行ってきました。

自分で採ったぶんの重さをはかって、量り売りというシステムです。時間制限はありません。

まずは靴ごと消毒液につけて、手を消毒。採ったいちごを入れるかごとはさみを持っていざ出陣!

ハウスの中には、4種類のいちごがありました。種類ごとに、酸味が少なくて、、、とか、昔ながらのいちごの味、、、など特徴が書いてあります。

お店の人いわく、「いちごの上ぎりぎりまで赤くなっているものをとってくださいね」とのこと。ほんとに葉をめくったくらいのところまで赤いのがおいしいそうです。

そう考えると、スーパーで買ういちごはそこまで赤くなってたっけ?と思いました。

その目安を元に赤ーいいちごをどんどん採りました。そして、次は違う種類のにしようと横の列に入ると、、、なんだかどれも赤くなりきってないような、、、なんか形もドングリみたいな、、、いちごっぽくない、、、。と、そこへお店の方が来て、

「このいちごはこれくらいのも採れますよ。」と、そんなに真っ赤じゃないものを指さして教えてくれました。

お?種類によってこんなに違うのかぁ・・・。ほんとに甘いのかな・・・なんて思いながら、でもそこは素直に言われた通りのものを採ってみる。

そして、他の2種類も採って、一旦ビニールハウスを出ました。

これから試食タイムです!

隣のビニールハウスにテーブルとイスが用意されているので、そこで採れたばっかりのいちご達を食べ比べ。

真っ赤のから食べてみる。おいしーい!ほんとに甘い!いつものいちごと違うわー!と感動。

そして、3種類食べくらべ、酸味がどうたらなんたら言ったあとに、最後、あのドングリみたいな形のイチゴを食べてみました。

すると、、、

おいしい!酸味がほとんどなくて、甘味がすごい!

おもわず「これおいしい!」と大声出しちゃったほどでした。

食べた後に、持って帰る用を採りに戻ったのですが、家族みんなそのいちご目当て!持ち帰りは8割そのいちごでした。

赤い種類のものは、ぎりぎりまで赤いものがほんとに甘くなっていることと、

種類によっては、赤さが薄くても甘いものがあるんだってことを知りました。パチ蜜よりも成分が詰まったサプリが人気です

こどもの習い事のこと

子どもがスポーツの習い事を始めました。当たり前ですが毎週毎週練習があります。

当然親だって試合になれば駆けつけますし、当番制でずっと誰かは一緒にいないといけません。

お弁当も必要ですし、高学年になれば平日の練習もあります。

ものすごく大変なせいかつになるというのは覚悟しないと踏み込めない世界だと思っていて、私たち親子も当然毎日のように話し合いました。

もう毎年行っていた旅行も行けません。よく遊びに行っていた祖父母の家にも行けません。

朝寝坊してテレビを見たりもできないんだよーと話しても頑張ると言い切るので始めました。

結果、子どもはとても生き生きしていて楽しそうです。

頑張ってレギュラーになるんだと嬉しそうな子どもがいとおしいです。

親としても大変で寝坊したいなどと思うこともありますが、子供の頑張りはやはり何者にも変えがたいんだということが親になってようやくわかりました。

大変なのもあと数年、付き合ってやるか!と思い体をもう少し駆使しようと思っています。ベルブランの口コミはコチラへ

子連れでも!美容院は検索条件がカギだった

2歳児を育てていて、悩むのが美容院。

実は子供を産んでから白髪に悩んでいて……。

マイナートラブルとはいいますが、出産による抜け毛や白髪、髪質の変化に悩んでいるママは多いようです。

そして子供にかかりきりで、自分のケアができないのも現実で。

そんな時に、習い事のママに聞いて一度「キッズスペースのある」美容院に連れていきました。

最初は行きつけの美容院に「子連れでいいか」を聞いて、ベビーカーで連れていきました。

ちょうど昼寝時間になったので乗り切れたのですが、個人的にはカットの50分がせいぜいいいところ。

白髪を染めるには2時間はかかります。

かなりドキドキしながらいつもとは違う美容院に行ったのですが、結果としては、預ける人がいないのなら、キッズスペースのある、託児のあるといった検索条件での美容院を選ぶのはすごく重要。

染めてもらっている間、遊んでいてもらえるので本当に安心できます。

味をしめたので同じようなキッズスペースのあるマッサージ店もないかな、とか思っているところです。www.yunitskiy.info